環境学習都市・にしのみや エココミュニティ情報掲示板
トップ > 大社エココミュニティ会議
大社エココミュニティ会議
構成団体 西宮コミュニティ協会 西宮市社会福祉協議会 青少年愛護協議会 自治会 PTA(大社小学校) 大社小学校 スポーツクラブ21 民生委員 児童委員 市職員
しぼり込み 年度
最新会議情報 2017年7月10日(月)
平成29年度第2回大社エココミュニティ会議

日時:平成29年7月10日(月)午前11時10分〜11時50分
場所:大社スポーツクラブ21 クラブハウス
参加者:14名

議 事 録

【報告及び決議事項】

1.大社育成センター前花壇(大型プランター)への花苗植栽について
 ・6月10日に育成センターの児童と共に昨年作った腐葉土を使って花苗(西宮市オリジナルフラワーなど4種)を植えた。育成センターに喜んでもらった。
  ・水やりは育成センターが実施、休日は地域が協力する。
  ・秋の腐葉土切り替えしの際に植え替えをする。


2.中学校における環境活動(市民活動カード)の活性化について
  ・平木中は学校をあげて取り組んでいるが、上ヶ原中、大社中は意識が低い。
  ・両校に向けて青少年愛護協議会の地区別集会でPRを行った。
  ・今後、小学校卒業時にPRするなどの対策が必要である。


3.盆踊り対応について
   ・みやたんの登場は、午後7時30分〜8時の児童センター受け持ち時間帯と、20:20〜20:45の清水・満池谷受け持ち時間帯の最後部分。
   ・8月6日午後1時30分にみやたんを搬入する。ぬいぐるみに入る人、介添え者、搬送者に謝礼を考慮。


 4.あじさい教室について
   配布資料により説明
   ・10月7日(土)実施。会場はクラブハウスとし、参加人員は30名を目処とする。
   ・当日挿し木したものは児童が持ち帰り育てるが、本格的な植え付けをどこにするかの問題がある。(1年間は水やりが必要)
   ・大社育成センター前の花壇に植え付ければよいという意見が出された。
    また、今後増やしていくに値する魅力ある品種を選んで欲しいという意見が出された。


 5.エココミツアーについて
   ・大山崎の聴竹居(環境共生住居…重要文化財になる見通し)を候補とする。
   ・10月21日(土)実施で調整する。

 6.サポート基金の使途について
・青少年愛護協議会から、サポート基金の約半額を夙川公園ふれあい清掃のさつまいも・みかん代に充ててもらっているが、少しバランスを欠くように思う。今後、納得を得られる金額を充ててもらえばいいとの意見があった。
・これに関連して清水・満池谷自治会から、大社小学校区に呼びかけて盆踊の練習をしているが、それにかかる経費の一部を負担できないかとの要望(具体的には講師にかかる費用等)があり、承認された。

以上



大社エココミュニティ会議が取り組んだ活動数

活動数 活動数の内
カードによる分

エコカード 市民活動
カード
美化・緑化活動 40 22 18
地域や社会に役立つ
活動
92 92 0
社会の様々な課題を
学ぶための活動
22 22 0
自然や環境を大切に
するための学習や活動
100 100 0
地球にやさしい買い物 122 122 0
エコチェック
(節水・節電・適正温度)
5 5 0
資源リサイクル活動 110 110 0
国際交流活動 0 0 0
マイレポート 0 0 0
活動数合計 491 473 18
会議風景写真0会議風景写真1
マップ
市民活動カード
エコペン受け取り人数 1
筆箱受け取り人数 0
大社小学校
アースレンジャー数 31
20個バッジ受け取り人数 6
サブシステム
アースレンジャーファミリー 1
エコメッセンジャー活動 なし
エコトレード活動 なし
Copyright (c) 2014 西宮市 プライバシーポリシー