環境学習都市・にしのみや エココミュニティ情報掲示板
トップ > 【西宮市の施策】 環境基本条例 - 快適な市民生活の確保に関する条例施行規則
【西宮市の施策】 環境基本条例 (および 関連条例・施行規則)

快適な市民生活の確保に関する条例施行規則 (平成17年3月31日)(西宮市規則第40号) PDF(34.2KB) 条例

(趣旨)

第1条 この規則は、快適な市民生活の確保に関する条例(平成11年西宮市条例第70号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定める。

(駐車場等の設置の届出)

第2条 条例第17条第1項の規定による届出は、駐車場、洗車場及び資材等置場設置(変更)届出書(様式第1号。以下「届出書」という。)に付近見取図、施設の構造を明らかにする図面、配置図その他市長が必要と認める書類を添付の上、正副2部を市長に提出して行わなければならない。

2 条例第17条第1項第2号及び第3号に規定する資材等置場に係る届出書については、前項に掲げる添付書類のほか、最寄りの2以上の車線を有する道路から当該資材等置場までの搬出入車両の運行経路図及び作業工程表を添付しなければならない。

(変更に係る届出等)

第3条 条例第17条第1項に規定する規則で定めるものは、次に掲げる事項とする。

(1) 駐車場等の敷地の面積

(2) 駐車場等の施設の構造

(一時的な使用に供される駐車場等)

第4条 条例第17条第2項に規定する規則で定めるものは、6月未満の期間を限って設置される駐車場等とする。

(標識の設置)

第5条 条例第18条第1項に規定する規則で定める標識は、様式第2号のとおりとし、駐車場等の設置工事に着手するまでの間(工事を要しない場合にあっては、使用を開始するまでの間)、設置しなければならない。

2 特定事業者が様式第2号によらないで標識類を設置した場合で、市長が前項の規定による標識の設置に代わり得るものと認めるときは、同項の規定による標識の設置があったものとみなす。

(住民等との協議)

第6条 条例第18条第2項に規定する規則で定める者は、次に掲げる者とする。

(1) 駐車場等の敷地に隣接する土地及びその土地に建築された建築物の所有者及び占有者

(2) 駐車場等の敷地の全部又は一部が都市計画法(昭和43年法律第100号)第7条第1項に規定する市街化調整区域にある場合は、当該市街化調整区域内の敷地の部分が含まれる町の住民が地縁に基づいて形成した団体

(3) 駐車場等の敷地から20メートルの範囲内にその敷地の全部又は一部が含まれる学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する小学校、中学校、盲学校、聾学校、養護学校及び幼稚園の長

(4) 駐車場等の敷地から20メートルの範囲内にその敷地の全部又は一部が含まれる児童福祉法(昭和22年法律第164号)第7条に規定する児童福祉施設の長

(5) 駐車場等の敷地から20メートルの範囲内にその敷地の全部又は一部が含まれる老人福祉法(昭和38年法律第133号)第5条の3に規定する老人福祉施設の長

2 条例第18条第3項の規定による報告に係る事項は、協議の年月日、相手方、内容及び結果とする。

(設置の制限期間の短縮)

第7条 市長は、条例第19条第1項の届出に係る事項の内容が周辺住民の平穏な日常生活の確保に十分配慮したものであると認めるときは、駐車場、洗車場及び資材等置場設置(変更)制限期間短縮通知書(様式第3号)を交付するものとする。

2 前項の通知書の交付を受けた届出者は、条例第19条第2項の規定により、当該通知書の交付の日から当該届出に係る駐車場等の設置をすることができる。

(届出者に対する協議の指導)

第8条 市長は、条例第20条第1項の規定により、届出者に対して、必要と認める公共施設の長又は住民若しくは住民が地縁に基づいて形成した団体と協議するよう求めることができる。

(立入調査員証)

第9条 条例第23条第2項に規定する証明書は、立入調査員証(様式第4号)とする。

(施行の細目)

第10条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行について必要な事項は、市長が別に定める。

付則

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

様式1〜4

PDF(34.2KB) を参照してください

Copyright (c) 2010 西宮市 プライバシーポリシー