環境学習都市・にしのみや エココミュニティ情報掲示板
トップ > 【環境学習参考情報】 学習プログラム - 自然はみんなつながっているよ
【環境学習参考情報】 学習プログラム

自然体験

自然はみんなつながっているよ
実施場所 山まち
◆ まち中の公園や広場など
参考ページ
広田山公園

ねらい

子どもたちが遊んでいる公園や学校の校庭なども、いろんな生きものの住みかであり、自然循環の仕組みの上に成り立っていることを体験的に学ぶ。

プログラム概要

● 内容

枯れ葉や枝、ごみなどを集めながら、植物・昆虫・鳥などがどのようにつながりながら生きているか、また、その自然のサイクルの中で人間の排出するごみがどのような意味を持っているかをゲーム形式(公園の生きものの寸劇)で学ぶ。

● 対象

幼稚園児〜小学校低学年

● 時間

60分

● 準備物

<寸劇で必要なもの>

  • 登場するメンバーが隠れる幕 ※シーツなど
  • 自然のつながりお面 ※土・葉っぱ・木の実・虫・鳥・雨・お日様など
  • ボード ※ボードの裏に寸劇の台詞を貼る。
    (子どもたちが集めるものの絵を、妖精の仲間が1人ずつ持ちます。)
  • 人が捨てるもの(タバコ・ガムの包み等)

<活動で必要なもの>

  • スタンプ ※貸出し可能
  • ワークシート(活動認定証) ※人数分
  • ビニール袋

● スタッフ数

10名(寸劇:登場人物 9名)

● プログラム実施にあたっての注意

  1. 事前に場所の下見をし、子どもが安全に活動できるか確認。
  2. 拾う対象物の確認をしておくこと。(落ちているものを集める)
  3. 楽しんでゲームをできるよう肯定的な言葉を使う。
  4. 寸劇は必ずリハーサル(打合せ)をしておく。
  5. 時間内に終われない子どもがいたら、次の機会に先生や親と活動できるようまとめてあげる。

● 登場人物について

  1. 園や学校の先生、または保護者の方に役をもってもらうのが良い。
    ただ、人間役については少し悪役になってしまうので、悪役のままに終わらないようにフォローすること。
  2. ゲームの説明について妖精だけではなく司会者など役を分担しても良い。
  3. 寸劇をするメンバー以外にスタンプ係として数名必要。

プログラムの進め方

導入(寸劇)

<森の妖精登場>

〔森の妖精〕

こんにちわ。私は、森の妖精○○っていうの。 みんながいつも遊んでいる森は、色々な生きもののお家なんだ。 そこで今日はみんなと一緒に森の秘密を探検しようと思うの。 それじゃ、お手伝いをしてくれる仲間を紹介するね。

<森の仲間の登場> ・・妖精に呼ばれたら登場する・・

〔土さん〕

私たちは地面に落ちた落ち葉・小さな虫さん・雨の水を借りて立派な土になるんだよ。

〔葉っぱさん〕

僕たちは虫さんに食べられたり、虫さんが寒い冬を越すためのお布団になったりするんだ。

〔虫さん〕

僕は、セミ。 僕の仲間の虫は、葉っぱを食べて大きくなるんだ。 だけど鳥さんに食べられることもあるよ。

〔木の実さん〕

あっ、鳥さんがやってきた。 鳥は、私たちを食べて元気になるんだけど、私たちを食べてウンチをすると、その中の種が目を出せるようになるから助かるの。 遠くへも運んでくれるしね。

〔鳥さん〕

私の休憩をする枝は、美しい木の実をつけているよ。 木は、土の中にたくさんの根っこを生やし立っているのよ。

〔雨さん〕

私は木や虫、鳥たちの大切な水を与えているのよ。 みんなも水がないと死んじゃうでしょ。

〔お日様〕

私たちは、みんなが暮らせるように地球を暖かくしたり、草や木が大きくなるのを手伝っているんだ。

〔森の妖精〕

あっ、たぼこをくわえたおじさんがきたよ!

<人間の登場>

〔おじさん〕

あ〜、たばこおいしいなぁ。 でも灰皿がないぞ、ここへ捨てちゃえ!

〔森の妖精〕

あれれ・・・。 いいのかなぁ。

(※子どもとごみをここに捨てていいのか掛け合い。)

〔人間〕

反省・・・・・。(アドリブ)

〔森の妖精〕

さぁ!みんなそろったところで、今から秘密探しをはじめるよ。 8人の仲間が持っている絵に描いてあるものを見つけたら、スタンプを押してもらえるよ。 さらに、全部見つけてスタンプが8個集まったら、たんけん活動認定証がもらえるよ。 みんな頑張って認定証をもらおうね。

展開

活動内容

子どもたちは、森の仲間たちが持っている絵に書いているものを森の中から探してくる。

森の仲間たちは、自分のボードを子ども達に見えるように設置し、スタンプを押す用意をする。 また、大きな声で子どもたちを呼び込む。

◆集めてくるものの例

土さん 腐った枝
葉っぱさんギザギザ葉っぱ
虫さん 虫がかじった葉っぱ
木の実さん木の実
鳥さん 枝(二股)
雨さん 細長い葉っぱ
お日様 花びら・形の違う葉っぱ
人間 人間が捨てたもの

まとめ

森の妖精が全員を集合させお話をする。 ※みんなで生きものを大切にすることを誓い、集めたごみは子ども達が持ち帰るよう仕掛ける。

〔森の妖精〕

みんなどうだった?全部見つかった? ※ 感想を聞く。

森の中には鳥や犬のウンチも落ちていたね。 でもウンチだって、虫のお家になったり、葉っぱの栄養になるんだよ。

さっき、人間がタバコのポイ捨てをしてたよね。 タバコは人間が作ったもの。 残念だけど、葉っぱや木の実の栄養にならないんだ。 人間は、色々なものを作ったけど、自然の土に帰らないものもたくさん作ってしまうんだ。(※拾ってきたごみを紹介)

だからここにいる生きものたちのお家を汚さないように、よく気をつけないといけないんだよ。 いつも、ここで遊ばせてもらっているみんな!たくさんの生きもののお家を大切にしようね。

プログラム展開例

ワークシート

ワークシート(PDF:146KB) ダウンロード
寸劇に使用するお面・ボード
Copyright (c) 2010 西宮市 プライバシーポリシー