環境学習都市・にしのみや エココミュニティ情報掲示板
トップ > 【基礎情報】 保護樹木・景観樹林保護地区
【基礎情報】 保護樹木景観樹林保護地区
しぼり込み 小学校区

■ 保護樹木 (H24年11月12日 現在)

市では、名木、巨樹、奇形木又は珍奇な木であり、次に定める指定基準のいずれかに該当するものを「保護樹木」として指定しています。(ただし、生育状況が特殊な樹木、樹形若しくは樹容が優れた樹木又は学術的若しくは歴史的意義のある樹木であって、特に保護する必要があるものについては、この限りではありません。)

(1) 1.5メートルの高さにおける幹の周囲が1.5メートル以上

(2) 高さが15メートル以上

(3) 株立ちした樹木で、高さが3メートル以上

(4) はん登性樹木で、枝葉の面積が30平方メートル以上

保護樹木については、「自然と共生するまちづくりに関する条例」第23条第1項の規定によって決められています。

※ 幹周:1.5mの高さにおける幹周り

■ 景観樹林保護地区 (H22年12月1日 現在)

市では、樹林を形成する樹木が健全で、かつ、その樹容が美観上特に優れているものであって、次に定める指定基準のいずれかに該当するものを、景観樹林保護地区として指定しています。

(1) 樹林がある土地の面積が500平方メートル以上

(2) 樹林が生け垣をなし、かつ、その延長が30メートル以上

景観樹林保護地区については、「自然と共生するまちづくりに関する条例」第23条第2項の規定によって決められています。

Copyright (c) 2010 西宮市 プライバシーポリシー